キミがいると → 「P House」



s-2112101.jpg

今年も残すところわずか。

振り返ってみれば下半期を通して
「足元にさほど注意を払わなくなった」
という習慣の変化が私に訪れました。
自然に、無意識に。

s-2106302.jpg

床には物を置かない。
そういう生活スタイルを長年続けていて
だがしかし、床に犬は寝転がっている。
それが今年上半期までの生活でした。

眠くなったら(自分が眠いことに唐突に
気付いたら)その場で寝る。
それがソニックでしたから、通路だろうが
部屋の中央だろうが転がって寝ていた。
動線とか関係なし。

だからこっちが踏まないように
常に注意が働いている日々でした。

揚羽はベッドとかクッションの上とか
寝場所は選ぶし、ぷくもそうでした。

だから「足元注意」はソニックによって
植え付けられた意識であり、習慣。

s-2104291.jpg

ソニックがいなくなったことにより
「足元注意」の意識が徐々に薄まり
緊張感なく家の中を移動するように
なってきた最近の私です。

というか気付けばそうなっていた。

いつもゆったりとしていたい。
安心していたい。
そう願ってやまないのに、いざ安心が
手に入ってみたら一瞬生きてるのが
イヤになるくらい寂しいという皮肉。

家の中で足元に注意して過ごすのすら
幸せだったりするんだから、何だって
アリなのかもね、人生って。

s-2112102.jpg

しかし地面に落ちてるソニぼん、
かわいいなあ……。

なんか色とかフォルムとか、
尖った耳とか全部かわいい。
まいったねこりゃ。



s-2112111.jpg

今年の下半期は自分でも予想外な事に
興味を持つ展開となりました。

私は海が大好きで山に興味がないので
温泉宿より海辺のリゾートホテル派。

旅先は海がきれいな場所を選んでいたし
宿泊はビーチフロントのホテルを選ぶ。

登山をする人はほぼ間違いなく温泉好き
という統計が個人的に取れてるのですが
例に漏れず、海派の私は温泉に興味が
無かったのであります。

s-IMG_9962 - コピー

しかし温泉好きから「読め」という
ひと言と共に渡された温泉マンガと
温泉本により、一気に脳内温泉旅行が
始まったのです。
課題図書の効果抜群です。

そのタイミングで今年下半期はちょうど
コロナが落ち着いてきたという。
なんということでしょう。

そこで実際訪れた温泉宿が良くて、
温泉ワールドに引きこまれつつあります。
いやまだ片足は残ってるぞ。

さて、件の温泉マンガにハマった私は
返却した後、自分でも買いました。

そして先日自宅のお風呂で読もうとして
湯船に落としてしまいました。

s-2112113 copy

本全体がへにょへにょになっちゃった。
ページがくっついたりして。

………。

私に温泉の魅力を教えたバイブル本が
水没したことで今後私の熱がどうなるか
今のところ自分にもわかりません。

そんな下半期でした。



良い一日を。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ 妖精ぼんをひと押し
下さると嬉しいです。
いつもありがとうございます。



買い直そうかな……。


PVアクセスランキング にほんブログ村
おすすめの記事