弟の甘え方。→ 「P House」



ここでも書きましたように →
日光東照宮へ行ってきました。

日光東照宮といえば、猿の彫刻。


s-2112021.jpg

子猿を連れた母親猿が手をかざし
遠くを見つめています。
「実り多い子供の将来」を見ていると
言われています。


s-1601282 - コピー (2)

穏やかな表情の猿。この顔からは
パン食べるならグルテンは体によくないとか
余計な事考えてないで存分に味わいなさい、
今更考えても買ってるしどうせ食うんだから、
というメッセージが暗示されています。


s-2111197.jpg

有名な「見ざる、聞かざる、言わざる」

これは三猿の幼少期で、この時期は
悪いことを見たり言ったり聞いたりせず
良いことだけ吸収したほうがいいという
教えが込められています。


s-1305121_2021120216360268d.jpg

少し離れたところを見つめ、ハッとしてる猿。
近すぎると物事は見えなくなるが、俯瞰して
眺めてみるとわかることがあるという教えを
示しています。


s-2112025.jpg

天を仰ぐように見る猿。
右側には青い雲が彫られていて
青雲の志を抱く青年期を表しています。


s-0909053382.jpg

おどけた顔で蛙と見つめ合う猿。
蛙ファッションにウケてるけど
そんな自分も相手に笑われている、
という皮肉を表しています。


s-2112027.jpg

1600年代にこういうものが作られた
と考えると古のロマンを感じますね。
江戸時代から現在に残るメッセージ。

私も猿から色々教えられました。



説教くさい猿。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ 教えは特にない蛙をひと押し
下さると嬉しいです。
いつもありがとう。



ニット♡


PVアクセスランキング にほんブログ村
おすすめの記事